・新チヌゲームBFKについて・


ドブヘッド4.5g

チームひとり氏考案のドブヘッド4.5g。

その誕生には元々ジャックナカムラワームのラヴィンスライド2.7inに合うジグヘッドを造りたいというとこからはじまっている。

 

・特徴・

今までありそうでなかった4.5gという絶妙なウエイトは水深2~3mラインが主戦場となる。

ハナタレボディにすることで垂直フォールを実現し確実に狙ったとこに落とせる仕様。

リフトさせると「うさぎ跳び」のようなダートアクションからの間がチヌやシーバスを魅了する。

ロングシャンクによる大型の魚への対応もバッチリ。

また、ワームの回転防止のストッパーもついているので安心構造。

・対象魚・

チヌ、シーバス、アコウなど。

BFKって何?
陸っぱりチヌ釣りゲームの新たなジャンルを開拓したのでご紹介します!!
まずその名のジャンルはBFK(ベイト・フィネス・キビレ&クロダイゲーム)。
おっ!鋭い方はもうお気づきですね!そう、ベイトフィネスタックルでチヌを狙っちゃおうということなんです。
でも、「そんなの今まであるやん!」と言うにはまだ早い!!
BFKはただ単にベイトフィネスでチヌを釣るだけではありません。
今まで底ズル系のルアーは横の釣りに対してBFKは完全に縦の釣り。
さらに使うルアーは主に5g前後のジグヘッドに3inクラスのストレートワーム。
甲殻類とは一線を画すワーム、しかも時には5inクラスのワームも使います。
バイトが小さい時はワームをデカくしたらコレまたよくヒットするんです。
さあさあどんどん気なってきたでしょう?
長文ですが最後までBFKについて読んでみてくださいね。
BFKの魅力

・ベイトタックルの楽しさ・

バスのテキサスリグやラバージグのようにピッチング撃っていって、ヒットしフッキングした瞬間はホントに気持ちいい!バサーなら誰もが経験したことありますよね?

コレですコレ!

しかもベイトフィネスタックルはチヌの大きさ(30~50cm)に対してパワー負けするかしないかの絶妙なバランスなので、やりとりがめちゃくちゃ面白い!!!


・リアクションの釣りゆえの楽しさ・

使うワームは基本的にジャックナカムラワームのラヴィンスライド2.7inなどのストレートワーム。そのためチヌがメインのエサとするカニや貝などの甲殻類とは一切似ても似つかない。

すなわち、食性ではない釣り方なのでバイトが多くアタリも大きい。ようはリアクションで本能的に喰ってくるからでしょうね~。

BFKのベースタックル

ロッド・マイクロガイド搭載のベイトロッド6~7フィート。ただしピッチングをメインとするならグリップエンドは長すぎないロッドがいいです。

僕は今は亡きダイコー・トラッドアーツTBGC-642MLを使用。

リール・ベイトフィネス用の海水対応のリールでレボLT7を使ってます。

※淡水専用は早い段階で壊れるので注意。

ライン・PE1号+リーダー20LB(バリバス・ハイグレートPE1号+シーバスショックリーダー16lb)。岸壁とストラクチャーを狙う釣りなので、根擦れ切れなどを防止するため太めの方が安心。

ちなみに道糸はフロロでもいいのですが、PEラインを一度使えば、そのあたりの出方の違いに発狂すること間違いなし!!

ルアー・固めのストレートワームを使用。できればダートするようなタイプがGOOD

オススメはジャックナカムラワーム・ラヴィンスライド2.7inと10FTU・プリティシャッド3.6in。

BFKを最大限楽しむ跳ねジグ釣法!?
ベイトフィネスタックルで扱いやすいウエイトとなる3.55gのジグヘッド(頭の丸いラウンドタイプがオススメ)に2.53inクラスのストレートワームをセットしよう。

ちなみにテッパンであり、ベースはレッドヘッドが製造&販売しているドブヘッド4.5gにラヴィンスライド2.7inがもうゲーリーヤマモトのヤマセンコーのノーシンカーみたいなぐらいGOOD!宣伝かい!(笑)。


・跳ねジグ釣り方講座・

まずは狙ったポイントにキャストとしてボトムにつけるまでややテンション張りぎみにフォール。

        ↓

ここで1回アタル可能性あり(バイトがあったらすかさずフッキングせよ!)。

        ↓

着底後、適度にリフトさせてもう一度フォールで誘う(ここは集中してね!)

イメージとしてはエギングやタチウオのダートの誘い方(喰わせの間が大事なやつね)

        ↓

上下へのリフト&フォール、またはダートで誘っているうちに、強烈バイトが待っているぞ!!

※釣り方のコツとしてはブラックバス釣りのカバーフィッシングのように、タイトにアプローチし、少し誘ってアタリがなければ次々に手返しよく撃っていくことが釣果につながる!

とにかく数を撃てばあたるうえには基本的にアタリは多い釣りなので集中してできます。
BFKの跳ねジグ釣方が楽しめるポイント

正直一番知りたいのがポイントですよね。

この釣りを色々なポイントに行き、試した結果!

楽しめるのは下記の要素を満たした場所と判明!!

その1、水深3mまでのライン。

すなわち底ズル系で楽しめるポイントがハマる(これ一番重要!)。


その2、岸壁をドンドン撃っていけるような護岸整備されている場所。

釣りがしやすく、壁に確実にチヌはついている。おまけに根がかってもハズしやすい。


その3、昼間にチヌが裸眼で確認できるようなところ。

確実に夜釣れるかも!?

代表的なところでは武庫川、神崎川、中島川、甲子園浜、芦屋浜、兵庫運河など、ようは河川、サーフ、港湾エリアと色々やりましたが、チヌがいる水深3m前後のところであればOK!!(めっちゃポイントあるやん!)

というわけでこの秋、アナタもチョー気持ちのいい釣り系ジャンル、『BFK』にチャレンジしてみてくださいね!

byレッドヘッド雑男